担当牧師:和泉 未知(Izumi Michi)

学生時代にメキシコやアメリカ留学を経て、フィリピン、ニュージーランドなどで施設ボランティアに参加。
2010年からはモンゴルの教会に従事しながら青少年育成プログラムのNGOを立ち上げ、スタッフとして活躍。
2020年から主信仰教会の担当牧師として着任。

こんにちは。主信仰教会のホームページにお立ち寄りくださりありがとうございます。
当教会を担当している牧師の和泉と申します。

私は幼いころに戦争映画を見て以来、漠然と平和について考えてきました。
「日本にいるだけでは平和を語れない!」と意気込み、学生時代は世界を知ろうとあちこち放浪しました。
留学したり、海外ボランティアに参加したり、NGO活動に参加したりしましたが、何が平和なのか?ますます分からなくなりました。

今思うと、世界の平和といいながらも、本当は自分の中の平和を探していたのかもしれません。

「こころの貧しい人たちは、さいわいである。天国は彼らのものである。」(マタイによる福音書より)

ここでいう「こころの貧しさ」とは、「自分の心が満足できず、足りなさを感じている」という意味です。

後に聖書に出会い、小さな一冊の本により、自分があちこち探し回っていた答えを得た感覚を覚えました。

そして今日に至ります。

平和というと大きな話ですが、あの時の聖書との出会いで、自分の心に平和が訪れ、自分が変化すると共に家族との関係も良くなりました。このようにしながら、世界の平和がなされていくのだと実感しています。

私たちの教会を通して、皆さんの心に平和が訪れ、個性通りに一層輝く人生になることを願います。

巡回牧師:久野哲哉(Kuno Tetsuya)

学生時代にイエスキリストからの召命を受ける。キリスト教福音宣教会の活動を経て、2016年以降、神様が願われる真の復興のために、仙台と東京を行ったり来たりしている。

<挨拶>復興、折れない心

2011年3月のあの未曾有の自然災害から7年以上の月日が流れました。戦後最大とも言えるこの自然災害は、多くの日本人の考え方に影響を及ぼしました。政治も経済も、そして、文化、身近な生活に至るまで、影響を及ぼしました。

しかし、東北の地やこの仙台も絶望的とも言える状況の中から、復興してきました。今も復興の真っ最中です。ハード的な面は政府が復興を担い、ソフト的な面はNPO団体などが、復興を担って来ました。そして、その中で、最も難しかったのが、人々の心の復興ではないでしょうか?1000年に1度の巨大地震、地震の後の津波、津波の後の原発事故。現実に灯りのない中での生活。そして、先の見えない生活の日々。人々の心が折れてしまったのです。その心の復興は誰が復興させてくれたのでしょうか?

神様です。聖霊様です。イエス様です。神様は、人を通して働かれます。聖霊様は、ご自身のことを信じていない人にも、はたらきかけます。イエス様が歩かれた道の後には、人々の心に灯がともり、絶望的な状況にあっても、人々の心には復興の火が燃え上がりました。そういった天からの愛の働きかけがあってこそ、今日の復興した東北の姿があると思います。

遠い昔から、日本は自然災害が多い国です。そして、最近は、毎年のように大きな自然災害があります。2014年は御嶽山噴火と広島市の集中豪雨、2015年は関東で豪雨、2016年は熊本県と大分県で激しい地震、2017年は九州北部で豪雨、そして、今年になって大阪の地震、西日本の豪雨がありました。戦後70年以上過ぎた中で、温暖化は止まらず、戦争や内戦は今も起きています。

しかし、地球全体としては、世界は少しずつ良い方向に向かい、格差社会と言われる現代においてでさえも、フラットになっています。食糧や水が不足する地域に住む人の割合は現在、世界人口の15%にまで減っています。感染症予防のワクチンを接種できる乳幼児はすでに80%を超えています。世界の中では、80%の人たちが何らかのかたちで、電気を使っています。最新の統計を見ても、日本も、世界全体としても、確実に良くなっているというのは、事実です。このように日本が、世界が良くなっているというのは、主イエスキリストが、今の時代に生きていらっしゃり、確実に私たちに働きかけていらっしゃるからです。

人々は、困難や絶望的な状況の時だけでなく、普段の時でも、物事を悲観的な方向に考えやすく、毎日着実に起きている改善には目を向けない傾向があります。

ルカによる福音書 18:27

イエスは言われた、「人にはできない事も、神にはできる」。

私たち人間の心は、折れることがあっても、イエス様の心は、決して折れることはありません。私は、イエス様からそういった心、精神を学びました。自然災害や人生におけるさまざまな困難は多くありますが、聖書を通じて、イエス様から多くを学び、生活の中でイエス様と共に行い解決していけば、必ず乗り越えられ、必ず良くなり、必ず復興すると信じます。